渡部 広明
Acute Care Surgery講座 教授

高度外傷センター センター長

氏名(ふりがな) 渡部 広明(わたなべ ひろあき)
出身大学 島根医科大学(平成6年卒業)
専門分野 Acute Care Surgery(外傷外科、救急外科)、外傷学、災害医学、救急医学、病院前診療学、集中治療学
資格など  
  専門医:
  • 日本外科学会 外科専門医 指導医
  • 日本救急医学会 救急科専門医 指導医
  • 日本消化器外科学会 消化器外科専門医 指導医
  • 日本外傷学会 外傷専門医
  学会活動:
  • 日本外傷学会 評議員
  • 日本Acute Care Surgery学会 評議員
  • 日本救急医学会 評議員
  • 日本腹部救急医学会 評議員
  • 日本肝胆膵外科学会 評議員
  • 近畿外科学会 評議員
  コース活動:
  • JATECインストラクター
  • ICLSコースディレクター兼コースディレクター
  • ITLSインストラクター
  • AISコーディングインストラクター
  • ACLS大阪認定インストラクター
  • SSTT Surgical インストラクター
  • PC3(周産期救命処置コース)インストラクター 
  その他:
  • 日本DMAT隊員
  • 大阪DMAT隊員
  • MIMMSプロバイダー
  • SSTT運営協議会 理事 
メッセージ

 本講座は、外傷外科、救急外科、外科集中治療を専門とするAcute Care Surgeryを日本で初めて本格的に研究・教育する講座として誕生しました。どこの大学にもない本格的Acute Care Surgeryを学びたい・臨床実践したという意欲ある方を募集しています。

 本講座が運営する高度外傷センターは、preventable trauma death(PTD)の撲滅だけにとどまらず救命後のpreventable trauma disabilityもあわせて回避し、外傷患者さんの社会復帰を目指す本格的外傷センターです。

 ぜひ、私たちとともに2つのPTD撲滅を目指した外傷診療を展開して行きましょう。